力みのないストデジ。

ありがたい事にここ最近では終日ご予約でいっぱいの日が続いておりまして、特に矯正やパーマのオーダーは季節的にも大人気。

 

今回はブリーチのハイライトが入った髪に対してのストデジ。

※ストデジとは根本のクセは伸ばして毛先はデジタルパーマ。

 

ブリーチと矯正やパーマは非常に相性が悪い上に、ハイライトという事は部分的にダメージレベル差がとても大きい。

縦に入っているために塗り分けていく事も不可能。

 

IMG_2142

 

IMG_1931

 

クセが出てハチが張ってしまって四角くなってるのと、毛先がピンピンはねてます。

そこにハイライト。

 

やはりなんとかストデジをかけて柔らかな印象にしていきたい。

 

特殊なお薬と施術方法にて不可能を可能にします。

 

IMG_2134

 

角が取れて自然な丸みが出て、毛先にワンカールのハイライトが生きてくるスタイルに変身!

 

このお客様からはありがたい事に高評価の口コミをいただきました。

ありがとうございます。

 

ここで一つ言わせてください。

他店さんでの失敗のお直し矯正はとても難易度が高く、正直他店さんでの失敗に関しては最善を尽くしますとしか言えません。

僕が担当する矯正やパーマでのご新規様は入れ替え作業をオススメしています。

以前うまくいってなかったダメージ部分を切りつつ、根元から中間部分を綺麗に矯正して伸ばしていきましょうと。

 

キレイにする事はお約束して何回かご来店いただいてます。

 

矯正はとても難しい技術。

事故も多い。

 

そこに対して真剣に取り組み、あなたの【キレイ髪】を導き出します。

 

LINEからもご予約ご相談承ります。

お気軽にどうぞ!

IMG_84B8445B756C-1

 

 

続きを読む

僕が提唱するストデジ

ここ最近気温や湿度が上がってきて、当店ではやはりクセが気になりだしたとのお声をいただき始めております。

タイミング次第では次回に持ち越して梅雨時季にドンピシャにするか早めにしといて梅雨や夏場に前髪や顔周りのみもう一度やるとか。

様々なパターンをクセの出方を見つつご案内している今日この頃でございます。

 

そんな中、僕の得意な矯正とパーマ。

同時に施術する【ストデジ】とはいかがな物か。

 

今回のお客様は小さなお子様を子育て真っ最中でなかなかスタイリングに時間がかけられないので簡単で時短系パーマを!とのご要望。

 

そういうのお任せください。

扱いにくいクセだと再現性にかけるので、いらないクセは取りつつ毛先は緩やかなパーマをかけていきます。

かけすぎは古臭いイメージになるので大きくしっかりかけていきます。

 

まずはBeforeから

IMG_1752

IMG_1754

 

こんな感じです。

写真での見た目以上に広がりやすく根元がうねって毛先がハネちゃうパターンです。

 

そこにオリジナルストレートと毛先に柔らかいデジタルパーマをかけて行くと。。。

 

こちらがafter

IMG_1749

IMG_1750

 

カラーもアッシュ系のトレンド感がある感じにシフト!

これでノンブローノンアイロンですからね。

そして時間もめちゃ早いです。

乾かすのみに近い。

 

人それぞれクセや太さや毛量が違いますがその方の良さを引き出すカットやカラーやパーマ、ストレートがSPLENDOにはありますよ。

 

自分史上最高の髪の毛、手にしてくださいね。

 

ご予約ご相談、LINE@からも承っておりますのでお気軽にご連絡ください。

IMG_84B8445B756C-1

続きを読む

縮毛矯正した髪にパーマかけてみよう!

僕の縮毛矯正に対するこだわり。

【いつかこの髪にパーマをかける】

 

今日ご来店のお客様、Mちゃん女子大生。

去年の1/30なので1年ちょい前初来店。

その時はストレートがうまくいってないボロボロの状態でした。

僕がしっかり良くしていくからね!と約束をして早1年。

ちょびっと毛先を残して他は僕が施術させてもらった髪に入れ替えが進みました。

IMG_1358

IMG_1359

 

毛先はもう少しってとこですが、中間まではしなやかで柔らかい手触りまで回復しました。

 

今回LINE@からご予約を頂いていたのでパーマをかけたいといった内容のやり取りもあってスムーズ。

 

我慢してもらったのでこの辺で一発かけちゃおっか!

という事で今回はデジタルパーマ。

基本的に矯正履歴がある髪にはデジタルパーマです。

 

IMG_1366

 

IMG_1365

 

今回はカラーはしてませんが、これでしっとりツヤ系アッシュなんかのせたら柔らかなイメージになりますね。

矯正毛のパーマ。

ワンカール系の緩めパーマは無理だと言われてきましたが、SPLENDOパーマメソッドなら可能です。

 

これからの季節、緩めパーマで軽やかにしてみませんか?

 

ご予約ご相談はLINE@よりどうぞ!

なりたいイメージ写真も最近ではあらかじめいただいたりしてるのでカウンセリングがスムーズです。

 

 

IMG_84B8445B756C-1
images

Kazuya Tachibana Instagram

 

続きを読む

縮毛矯正の失敗【ウネウネツ〜ン⤵︎】

くせ毛でお悩みの方が多い美容事情ですが、縮毛矯正での失敗は本当に後を絶ちません。

 

確かに縮毛矯正という技術はとても難しく、柔らかくナチュラルな状態の矯正術を持っている美容師さんは全国的に見ても数少ないと思います。

 

そんな数少ない美容師の1人と自負している僕が今回お話したいのは不自然な矯正【ウネウネツ〜ン】です。

名前の通りではありますが、

根元がくせ毛でウネウネ。

毛先がツンツンした矯正毛。

の状態。

問題なのはツンとした矯正部分にあります。

 

縮毛矯正をあまりにも真っ直ぐにしすぎてしまっているため、根元との境がくっきり出ている。

当然ダメージも過度にかかっているのでバサつく。

良いこと全くありません。

 

僕が担当させていただくお客様のほとんどが今までかけている矯正がこの【ウネウネツーン】の状態です。

 

今回ご紹介のお客様はやはりウネウネツーン&バサバサ系のコンディション。

まずはbeforeから。

IMG_0174

IMG_0173

IMG_0172

写真以上にウネウネツーンでバサつきが気になる感じです。

 

今回のテーマはバッサリスタイルチェンジで辺見えみりさん風ひし形レイヤースタイル。

 

絶対にやってはいけない事が【伸ばしすぎてツン】です。

しかも今回は部分的にクセの強弱を見極めた矯正。シルエットを矯正の強弱で作っていきます。

 

IMG_0170

IMG_0171

 

う〜んツヤツヤ♡

そして矯正毛とは思えない仕上がり!!

 

今までここまで切る事を美容師さんからは止められていたみたいです。

確かにカットのみではオスススできませんが、矯正やパーマを駆使すれば今までトライできなかったスタイルにも挑戦できます。

 

1度僕にご相談ください。

特にクセでお悩みの方は新しい世界が広がります。

 

なお、ご予約ご相談はLINE@へお気軽にどうぞ。

なりたいイメージ写真を添付していただいたり、今のコンディション写真をいただければ解決策やアドバイスもあらかじめできたりしますよ。

友だち追加

 

IMG_84B8445B756C-1

続きを読む

矯正を僕が数回やっていくと。。。

【縮毛矯正】

このワードを出すと

「真っ直ぐになりすぎるから嫌だ。」

とか

「どうせ痛むんでしょ?」

とか言われて導入があんまりスムーズじゃない事が多いです。

これは美容師さんのせいで、矯正が苦手な美容師さん、実はすごく多いのが現状です。

僕も友人に教えてくれってよく聞かれます。

 

それでもしっかり説明してやらせていただくと100%喜んでいただけます。

その時点で僕がいつも言ってる【過去最高の自分髪】を実感できます。

 

 

さて今回は担当させて頂いてから3回くらい矯正をして髪が劇的に良くなったお客様のお話。

 

3回くらいすると中間あたりまで僕の施術した髪が伸びてきているのでツヤツヤになってきます。

 

まずはビフォー。

毛先以外はいい感じ♫

これご来店時ですからね!

IMG_0113

 

こうするとより分かりやすいです。

IMG_0128

 

明らかにダメージレベルが違いすぎる!!

よしもうちょいで過去の自分とさよなら笑

 

キレイに見えても実は中をめくると〜〜。。

IMG_0110

 

 

出てきやがったなオレのライバル!!

やっつけてやる。

 

すると〜〜。

今回の仕上がりは、、、

 

 

 

 

IMG_0103

オレンジ味も飛ばして立花和也お得意の【ツヤッシュ】

ツヤッシュ=ツヤのあるアッシュカラー

 

ダメージ部分も切れて過去の自分にサヨナラ〜〜〜♡

 

さあクセで困ったら一度僕に見せてください。

新しい髪の世界が待ってますよ。

続きを読む

縮毛矯正の失敗から救出せよ!

梅雨が明けたはずなのになんなんでしょうか。この天気。。。

梅雨の時より梅雨っぽいですよね。

 

という事はもちろんくせ毛マイスターのタチバナカズヤは日々お客様を矯正しまくっております。

 

前髪、顔周り、トップ、襟足など部分部分で髪の強度を見つつ伸ばしますし、やらなくても良いクセは活かします。

 

そんな僕でも結構しんどいコンディションのお客様もいらっしゃいます。

 

さあこちらのお客様

↓↓↓

IMG_6947

 

うわ!!!

完全に毛先ビビッとる!!!

 

ビビるとはいろんなケースがありますが、大体のケースが美容師さんのミス。

必要以上の負担を髪にかけて矯正した結果、ジリジリした硬い髪になってしまいます。

矯正がうまくいってない方の多くが毛先はこんな感じになってます。

 

IMG_6947

 

今回は長さも切らせていただけるとの事だったのでそれが幸いでした。

ここまでビビった髪は基本的には直せません。

矯正が得意な僕もいつも薬剤選定や塗布には細心の注意を払います。

絶対にこうしたくないので。

 

お客様には今後必ず良いコンディションを作っていくお約束をして施術へ入りました。

 

根元から中間の新生毛は僕がキレイに伸ばします。

ツルッツルにしちゃいますよ!!

 

オリジナル矯正術で今回3つの薬剤を使い分けました。

 

ジャン!!

 

 

FullSizeRender 7

ジャジャッン!!!

FullSizeRender 6

 

この差はやばくないですか??

ツンツンジリジリの髪がツヤっと柔らかくまさに髪質改善!

最近髪質改善って言葉をよく見かけますがこれが本当の髪質改善ですからね(^ー^)ノ

 

当然こちらのお客様に喜んでいただけたのは言うまでもありません。

 

柔らかな縮毛矯正ならお任せください。

続きを読む

内巻きボブをストデジで作る!

梅雨の季節は髪にとっては本当に嫌ですよね〜。

前髪にストレートアイロン入れたり、全体カールアイロンで巻いたりしても職場に着いた時には元に戻ってて悲しい、、、なんてお声を多数お聞きします。

クセが強い人にとってはテンション下がる季節です。

 

特に表面に出てくる一般的にアホ毛と言われる縮れたようなフワフワした髪の毛、なんとかならないものですかネ〜。。。

 

なんとかなるんです!!

 

SPLENDOにはそんなお悩みのお客様が多数いらしゃっていただいておりますが、皆様ツルツルになって梅雨時季をストレスフリーでお過ごしいただいております。

 

『縮毛矯正』

ほとんどのサロンで展開しているメニューではありますが、SPLENDOの矯正は従来の物とは全くの別物です。

 

百聞は一見に如かず。

今回の実例を元に見ていきましょう。

 

今回のお客様は他店さんで縮毛矯正はかけた事はあるけどうまくまとまらない。

丸みのあるボブにしたい。

 

とのオーダーです。

 

IMG_6472

 

IMG_6473

 

 

 

IMG_6474

 

はいきました。

『ウネウネピン』パターン。

伸びてきたクセでウネウネするけど過去にやった矯正が強すぎて結果嫌なハネの原因になるやつです。

カットもこれでは内巻きにはなりません。

 

ベースカットでしっかり切り込み、根元の矯正と毛先のデジタルパーマで綺麗な内巻きボブを作っていきます。

 

実は内巻きボブって簡単そうですが、クセがある方をストデジで作っていくのは難易度高めです。

 

かけすぎると内巻きになりませんしボリュームが出すぎてしまいます。

 

今回の仕上がりはこちら。

 

IMG_6470

 

IMG_6471

 

もちろんノンブローです。

根元はしっかりクセを取り、毛先には乾かしただけで内巻きに入るカットとパーマを施しました。

 

梅雨の季節にピッタリなクラシカルなボブスタイルです。

続きを読む

Kazuya’s photo shooting

 

 


2017.5.16 @SPLENDO

model  maria

cut&color&hairmake&photo  kazuya tachibana


久々の作品撮りはバイリンガル女子のマリアちゃんをモデルさんにお迎えして撮らせていただきました。

今回はカラー、カット、ヘアーメイク、カメラまでやらせていただいたので完全僕のオリジナルスタイル。

長かった前髪も斜めに下ろしてカット。10cmは切ったかな。

この感じの前髪は僕的にモテ前髪だと思っております。

そしてこんな風にしたい人多いんじゃないかな〜。

顔の出す面積も減らす事が出来て、目尻外を絶妙な長さ設定にしてこめかみ付近をカバー。

IMG_6026

外はねさせても可愛い、アップして後れ毛として使っても良しなので万能な役割を果たしてくれます。

ストレートアイロンで巻いてるんですが、めっちゃ簡単なのでモテ前髪のオーダーの際は巻き方もレクチャーするので聞いてくださ〜い🎵

カラーは

『ツヤ出したいです〜!!』

というマリアちゃんのオーダーも汲んで、僕のオリジナルカラー

【ツヤッシュ】

で染めました。

めちゃいい感じ。

ツヤってますでしょ??

 

春風に優しくなびくこれまたモテカラーでございます♪( ´θ`)ノ

オーダーは

『ツヤッシュでお願いします!』

(【モテッシュ】ってのもこれ書きながら考えついたが良いかも笑)

などなどオーダーしてみてください。

 

 

 


 

IMG_5924


IMG_5941


 

 

IMG_5833


オフショットもパシャり📷

IMG_6029

並ぶとhigeのおっさんキツイ💦💦

 

 

 

続きを読む

ロングヘアーのラフなパーマ。

最近のSPLENDOはパーマ、縮毛矯正の比率がとても多いです。

 

パーマにはすごくこだわりを持つサロンとして自負しておりますが、パーマ関係のオーダーが多くなってきているここ最近、ご好評いただけている事も同時に実感し、兜の緒を締めねばと思う次第でございます!!

 

さてさて本日はなんとシアトルからのお客様。

帰国の際のToDoリストの一番最初に来るのが

『日本の美容室に行く事』

みたいです。

 

確かに海外在住の方の多くが帰国の際にお立ち寄りいただきますし、この日はたまたま10年以上のお付き合いのお客様がイギリスから一時帰国していてやはりいらしていただきました。

 

さてビフォーから。
IMG_5732

 

なるほど〜。

コンディションは悪くないですが、今回のオーダーが

『ラフに上の方からかかってるカジュアルパーマ』

 

確かに最近は多いオーダーなんですよ。

実はそのほとんどがアイロンによるスタイリングで、それをパーマと表現してるヘアカタは多く見られます。

 

重力に逆らって長さがある髪に対して上の方からパーマをかけるのって難しいんです。

頑張りすぎるとバサるし、弱いと毛先のみにしかかからない。

 

さあパーマ屋SPLENDO店長として頑張りますよ!!

 

今回はエアーウェーブをチョイス!!

 

お客様から

『パーマをかけたい』

『エアーウェーブかけてみたい』

『デジタルパーマしたい』

とパーマのかけ方のオーダーをいただく事が多いですが、イメージだけ伝えていただければ、

 

【なりたいスタイル】=【髪質】×【施術方法】

 

なので、施術方法はプロである僕が決めさせていただきます。

 

IMG_5730 2

 

 

エアーウェーブの機械って大袈裟なんですが、ロッドの水分をこれで抜いて乾燥させてしっかりかけていきます。

 

さて仕上がりは??

IMG_5728

 

この感じのパーマはかけたくてもそう簡単にかけられません。

オーダーして中間の部分にパーマが出なかった。

そんな経験ありませんか?

 

クセ毛のお悩みパーマの事ならSPLENDOタチバナカズヤ。

どっかの法律事務所のCMみたいになっちった。笑

 

続きを読む

KAZUYA TACHIBANA

スタイルチェンジが多くなってきました。

季節の変わり目は、洋服やヘアスタイルに何か変化が欲しくなるものです。

 

当然SPLENDOでもスタイルチェンジのご要望がバンバン入ってきております。

パーマをかけてみたり、梅雨対策で今からストレート系の技術でまとまりを出してみたり。

しかしながらやはりレングス(長さ)を変えるのが一番の変化にはなりますね。

 

今回はロングヘアーからバッサリボブにしたいとのご要望。

 

IMG_5712

 

IMG_5711

 

写真ではあまり分かりませんが、しっかりしていてなにやら怪しいクセも。。。

これは切ったらうねったり広がったりするパターンの髪かもしれないな〜Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

と思って慎重に切りすすめます。

 

クセ毛マイスターの僕としてはストレートの技術だけではなく、カットでもしっかりクセと向き合い、決してブローやアイロンでごまかそうとはしたくありません。

ベースが良くなってからのブローやアイロンだと思っております。

じゃないとお客さん家でできないっしょ?

 

切っていくとやはり中がうねり、広がりも出ます。

そこを想定して表面の長さはしっかり残して、中の方をを特殊な技法で量感調整。

 

その結果。

IMG_5706

 

あいよ〜〜!!

この自然な丸みをノンブローで出すにはカットの構成がしっかりしてないと出ません。

今回はカットのみでしたが次回あたりはSPLENDOオリジナルのボワ毛(一般的にアホ毛って言われてるやつ)取りやるとめちゃキレイなつるつるヘアーを手に入れる事ができます。

僕的にはそれ込みで完成なのでまずは形を作ったって感じですかね。

 

クセでお困りの方、一度ご相談いただけると過去最高レベルのヘアーコンディションへ導けるかもしれません。

いらしてみてください。

 

 


 

DSC_3561

続きを読む